Skip to content

太陽光発電はエコで電気代の価格もお得

個人宅でも太陽光発電をする事は可能です。屋根にソーラーパネルを取り付ければいいのです。ただ口でいうほど簡単な事ではありません。まだまだソーラーパネルの価格は高額で気軽に購入出来るものではないからです。しかし市によっては申請すれば支援金を支払ってくれる地域もありますし、太陽光発電によって月々の電気代が安くなるだけでなく、余った電気は逆に売る事が出来るため、20年、30年と長いスパンで見れば太陽光発電の方が普通に電気を使うよりも価格的にはお買い得だと言えるでしょう。それに太陽エネルギーは自然に優しいエコですから、これからの時代ますます注目されるはずです。不景気でお金に余裕がないのにソーラーパネルなんて高額な買い物は出来ないと思われるかもしれませんが、不景気だからこそ長い目で利益が出る生活を考えて老後の心配を減らしたいですよね。


価格も収まってきた太陽光発電

日本を未曾有の大震災が襲ってから数年が経ちました。震災当時においては安全神話を唱えられていた発電システムが故障をおこしてしまい、現在においても解決のめどがたっておらず一説には数百年かかるとの計算もあるぐらいの深刻な状況になっています。そのような状況の中、日本におけるエネルギー政策も大きな岐路にたっているとも言えます。いろいろと選択肢がある中、注目されているのが再生可能な自然エネルギーになります。風力発電、地熱発電、水力発電などがありますがもっとも注目されているのが太陽光発電なのです。無限とも言える太陽光エネルギーを効率よく利用することができればこれに勝るものはないのではないでしょうか。ちょっと前まででは価格も高いものでしたが、最近では普及率も高まってきており新築段階から標準装備されている住宅も多くなってきています。これからはより発電効率のいいシステムも出てくるでしょうから検討することをお勧めします。


高額な価格で販売していた太陽光発電

私が結婚して間もないころいっとき仕事を辞めてゆっくりしていた時があったのですが、何度か昔の上司に頼まれて太陽光発電の訪問販売のお手伝いをしたことがあります。その当時は太陽光発電が世に出始めたころで一日何百軒ものお宅を訪問販売して、そのうち何人かに興味を持ってもらって後日話を聞いてもらっていました。価格ははっきりと覚えていませんが、工事費を入れて100万円ほどの販売金額だったと思います。当時まだ20代前半だった私はそんな高額なものが売れるものなのかと疑問に思っていましたが、その会社の何人かは月に5軒ほど販売していました。契約の話を聞いていると太陽光発電は確かに取り付けた後に電気代が大変お得になるので、将来私も自分の家を購入したらぜひつけたいものだと思っていました。今でもそう思っていますので、ついているお宅を見ると気になったりします。