Skip to content

太陽光発電の価格について

昔ではあまり馴染みがなかった太陽光発電ですが今ではCMなどでも多く取り上げられ、徐々に私たちの生活には身近なものになってきました。会社などで導入しているのはよくありますが、私たちの一般家庭でも太陽光で発電ができるならそうしたいと思いますが、気になるのはその価格だと思います。工事費などもかかるので初期費用は結構高額なのは間違いないですが、長い目でみると今までの電気代に比べたらだいぶ安くなるのも真実です。最初の頃にはあった補助金もいまでは打ち切られてしまいはしましたが、補助金があったころより安くなっているのでその点は心配はいらないかと思います。やはり初期費用を考えると、太陽光発電にするのは少しためらってしまいますがトータルするとお得なことが多いので、その辺りは一度調べてみるべきではないかなと思います。


太陽光発電の価格の違い

太陽光発電を設置しようと考えている人は、色々価格を比較して検討すると思います。メーカーやパネルの種類によって値段が変わってきます。同じメーカーでもパネルの価格に違いがあるのは、パネルの性能が違うからです。やはり高い値段の物の方が、より太陽光を集め発電する事が出来ます。目先の事だけ考えて安い物を選んでしまってあまり太陽光が集められず、発電量が少なくなってしまっては長い目でみると損になってしまうので気を付けなければいけません。また自分の家の屋根の大きさや向きを考慮して、太陽光発電を設置するのに向いているのかよく調べなければなりません。屋根の面積が小さかったり複雑なデザインになっていると、パネルをたくさん設置する事が出来ませんし、向きが悪ければ太陽が当たっている時間が短くなってしまいます。せっかく太陽光発電を設置しても、原価償却出来ないのでは意味がありません。ecoも大切ですが家計も大切です。よく調べて設置しましょう。


余剰電力の買取価格でお得な太陽光発電

今年の夏も気温が高くなってきており、エアコンがフル稼働になってきていることでしょう。原子力発電所が停止している今においては電力供給量への不安感が強くなっています。そして安心・安全な自然エネルギーへの関心・注目も一段と高まってきており、公的な機関や企業などが次々と参入を開始してきています。そのような再生可能な自然エネルギーの中でももっとも関心が高まってきているのが太陽光発電だそうです。とくに最近では自宅の屋根の上に発電システムを設置して発電し自宅の消費電力を賄う家庭が増えていますし、光熱費の負担を軽くする新築として販売しているようなハウスメーカーも増えてきているのです。また発電して自宅で使い切らないような余剰電気は買取価格も保証されているのでちょっとした副収入にもなってきます。自然にやさしい生活をスタートさせることが家計にもやさしくなってくるのです。